投稿日:

使用シーンに合わせた最適な横断幕と懸垂幕の素材選びとは?

商店街やショッピングモールなど幅広いシーンで大活躍な横断幕と懸垂幕。

意外と知られていませんが、じつは横断幕と懸垂幕に使用されている素材には「屋外向き」と「屋内向き」があることをご存じですか。

ここでは、少しでも長くお客様がオリジナルデザインの横断幕と懸垂幕をお使いいただけるよう、オーダー幕.COMオーダー幕にて人気の素材「ターポリン」「メッシュ」「トロマット」を使用シーンに合わせ選ぶポイントをご紹介します。

オーダー幕人気No.1素材 「ターポリン」

オーダー幕人気No.1の定番素材「ターポリン」は、運動会などでよく見かけるテントに近い丈夫でしなやかなビニール素材です。

耐久性と耐水性が高いため屋外での長期常設にも向いています。

印字性と発色性も良いのでお客様が撮影された写真や手書きのイラストなどもキレイにプリントすることができ、比較的お手頃な価格で横断幕・懸垂幕を製作することができます。

軽やかで持ち運びに便利な一方、折りたたむとシワが残ってしまうため、折りたたまず丸めて保管する必要があります。

耐風性に優れた屋外向け素材「メッシュ」

網戸のような細かな網目状の生地に文字や写真などをプリントすることで高い耐風性を持つ「メッシュ」は、軽やかで風通しが良いことから主に工事現場やスキー場など風の影響を受けやすい屋外を中心に使用されています。メッシュ素材の横断幕・懸垂幕は、耐風性に加えて採光性にも優れており、程よく光を通すため視界が遮られず圧迫感が無いことから、商業ビルや高層マンションなどの宣伝やPR活動にも使用されています。

屋内での使用にも適していますが、基本的には長期常設が可能な屋外向けの素材として人気があります。

ターポリンと同じく、折りたたむとシワが残ってしまいますので長持ちさせるためには丸めて保管する必要があるほか、メッシュ素材なのでプリントした文字やデザインがやや見えにくいところがあります。

軽くて持ち運びに便利な屋内向け素材「トロマット」

軽やかで丈夫な布素材「トロマット」は、厚みのある柔らかなポリエステル織物なので折りたたんでもシワが残らないため小さく折りたたんで持ち運ぶことができます。

ターポリンやメッシュと比べるとやや耐水性と耐久性は劣りますが、裏側への透けが少なく発色性も良いことから屋内向けの横断幕・懸垂幕素材として選ばれています。

繋ぎとフチ周りの補強は糸による縫製となりますので、短期間であれば屋外での使用も可能ですが天候の悪い日や長期間の屋外使用には不向きとなります。

横断幕・懸垂幕は使用シーンに合わせて素材を選ぼう!

業界内でも最安値水準のオーダー幕.COMでは、マット加工の素材を使用していますので、写真撮影をしても反射することはありません。お手頃なお値段なのに安っぽさを感じさせない落ち着いた雰囲気の横断幕・懸垂幕を製作することができます。

一般的にオリジナルデザインの横断幕や懸垂幕の製作にかかる費用相場は屋内用で4,000円~8,000円ほど、屋外用なら8,000円~10,000円ほどですが、オーダー幕.COMではIllustratorまたはPhotoshopにて製作されたデザインをそのままの状態で印刷することが可能な「完全データ」をお送りいただければご注文金額より50%OFFで製作することが可能!ぜひ1度オーダー幕.COMまでご相談ください。